• カテゴリー別アーカイブ 未分類
  • 肌にあわせて上手にファンデーションを選んで自分肌をさらに魅力的に見せる

    ファンデーション選びのポイントや上手につけるコツ

    ドラッグストア、スーパー、ネットあらゆるところで化粧品が買える時代になりました。

    デパートの一階にあるブランドものの化粧品売り場で肌質を見てもらい相談しながら購入することもいいですが、もっと手軽に、早く、安く、自分の肌に一番合うファンデーションが選べて、さらにきれいにファンデーションを使いこなせるようになりたいですよね。

    ファンデーションを上手につけるかつけないかで、顔の印象がずいぶん変わります。

    うまくつけられないがために、厚塗り感が出て80パーセントの人はファンデーションをやめたいと思っているのです。

    もし厚塗り感がでないで、自分の肌のように、さらに自分の肌よりきれいにワントーン明るく、自然に見えるならきっと80パーセントいえそれ以上の人がもっとファンデーションを使いたくなることでしょう。

    ファンデーションの種類はさまざまです。パウダー、リキッド、クリーム、クッションがあります。

    パウダーファンでは、この中では一番軽いつきになります。自然な仕上がりを目指している方におすすめです。

    乾燥肌の方は、パウダーなのでさらに乾燥しやすいので下地をしっかりつけることをおすすめします。化粧崩れはしにくいものです。

    リキッドファンでとクリームファンではしっかりめのメイクの際におすすめです。

    塗り方によって濃いめにつくので、薄化粧の方はクッションファンデをおすすめします。また脂性肌の方は、浮いてきやすいということもあります。

    クッションファンデーションは比較的新しい種類で、ファンデーションの中では一番自然に、薄くカバーできるものです。

    厚塗り感を出したくないという場合はクッションファンデがなじみやすいと思います。

    年齢によっても選び方が異なってきます。

    若いうちは、肌質でカバーできるものもあるので濃くつくリキッド、クリームではなく、乾燥肌ならクッションファンデ、脂性肌ならクッションファンデなどをおすすめします。

    リキッド系を使った場合は、毛穴が毎日ふさがった状態になるので、洗顔をきちんとすることをおすすめします。

    年齢を重ねて、肌質が気になりだしたら、クッションファンデ、リキッドファンデなど少ししっかりめにつくファンデーションをおすすめします。

    肌質、年齢などを考えて自分に合うファンデーションを選び、肌を傷めないよう上手に使っていきたいものです。

    ファンデーション おすすめ 20代

     


  • 日々の運動で健康的な体に!

    5年前まで学生だった私は、当時健康のことなんて気にもしませんでした。

    毎日飲み会、朝帰り、バイトと自堕落な生活を送っており、好きなものを食べては寝るという生活を繰り返していました。

    5年前は若かったのか、体重も何食か食事を抜くとすぐに元通りになっていたので大して気にもしていませんでした。

    しかし、社会人になると、オフィスワークのためほとんど外出はせず、椅子に座りっぱなし。

    通勤には自転車を使っていますが、それも片道約10分の近さなのでとても運動をしたとは言えません。

    それに加え、会社で営業さんが買ってきたお土産のお菓子が毎日のように配られるのです。

    もったいないと思い、残さず平らげているうちに、みるみる下半身に脂肪がついてしまいました。

    お腹にもぜい肉が付き、入社したての頃は入っていたスカートのチャックが上がらなくなってしまいました。

    このままではいけないと思い、一念発起してジムに通うことにしました(^O^)

    幸いなことに会社のすぐ隣がジムなので、行かなければいけないという義務感もあり、継続して通うことができています。

    週に2,3回、1時間半から2時間ずつ運動をしています。

    まずはストレッチから始めて、その後筋トレを行います。肩甲骨のあたりの筋肉、気になっていた太ももの裏の筋肉、二の腕の筋肉をそれぞれ鍛えるマシンで各30回ずつトレーニングを行います。

    このマシンは負荷の重さが細かく選べるようになっており、だいたい腕だったら10kg、太ももは20kgを目安に負荷をかけています。

    また、気になっていたお腹のお肉を落とすために、腹筋も重点的に行います。

    腹筋補助マシンを使い、約40回から50回を目安に行っています。

    一番きついところで止めると、腹筋の効果が高まると聞いたことがあったので、それを実践しています。

    最後に有酸素運動であるウォーキングです。ウォーキングマシンを用いて、1時間で5.5km歩く速さに設定しています。

    少し早歩きになり、体に負荷がかかってちょうどいいです。

    以上のメニューを始めてからもう半年になりますが、気になっていたお腹のお肉が少しずつ減り、体重も約2キロ減少していました!

    運動量としては過度にしている方ではないし、食事制限も特には設けていないですが、一番の目的は「健康」なので、ゆっくりと自分のペースで今後も続けていきたいと思います。

     


  • 台湾で食い倒れ

    行ってきました!台湾!しかも1泊の弾丸旅行。

    いやー、暑いのなんのって。さすが南国です(^_^;)

    今回の旅のテーマは「食」。まあ、台湾旅行って結局、食中心になっちゃうんだけどね。

    台湾についてすぐに淡水へ。初めて行ったのね、淡水。台北の北西、もうすぐに海です。海べりをサイクリングするのがおすすめらしいんだけど、無理でしょ。暑くて。なのでぶらぶら街歩きです。

    観光客が練り歩く老街を楽しみました。老街をちょっと内側に入ると地元の人が日常の買い物をする市場のような路地があってすごい活気です。

    日本ではなかなか見ることがない羽根を取った頭付きの鶏がぶら下がってたり、鶏の足だけ売ってたり、これ何貝?っていうものや、魚や何かの乾物やら臭豆腐やらもう熱気と匂いでむせ返りそう(≧◇≦)

    ワンタンと魚の練り物団子のスープと豆花を食べて淡水を後にしました。

    夜はいよいよ夜市です。台湾と言えば夜市。夜市と言えば台湾。ということで夜市2か所をはしごしました。まずは学生街にある「師大夜市」へ。

    ここで以前来た時に食べた焼き小籠包を食べたかったのだけど、残念ながら移転してしまったようで、仕方なく胡椒餅だけを食べて次の夜市へ。

    一番観光客が多い「士林夜市」では、クレープでアイスとピーナッツを砕いたものを巻いた雪在焼、ホットドッグみたいな大腸包小腸、麺線を食べました。そして食後のデザートはもちろんマンゴーかき氷!!これは外せないでしょう!んーー!やっぱりおいしい。氷がおいしいんだよね。しっとりしててふわふわで。最近は日本でも食べられるけど、ここの夜市のが一番おいしいって思う。

    もーう満腹です。もっと食べてみたいのたくさんあったけど、胃袋には限界があってだね、心残りは次回のお楽しみに取っておこう。

    2日目も朝から食べますよ!地元民しかいないお店でトウチャン(ほんのり甘い豆乳に油條という中国風の揚げパンを浸して食べる)を食べました。

    朝から暑いーー!ι(´Д`υ)お店はエアコンなんかありません!扇風機のみ!豆乳は冷たいのもあるけど、熱いほうがおいしいのでどっぷり汗をかきながらいただきます。おいしい!正直あまり期待していなかったんだけどこれおいしい!

    お昼は待ってましたの小籠包!鼎泰豊は以前に行ったことがあるので今回は違うお店へ。皮が薄めでいくらでもパクパク食べられます。

    まだまだいきますよー。空港では魯肉飯をたべて、タピオカミルクティーでしめる!

    ふーー食べたー!!(≧▽≦)どれも最高おいしかった!

    さて次は何を食べようかな。

     


  • 格闘技イベントに行った時の体験

    先月、会社でスポンサーをしている格闘技イベントに招待され、部署のメンバーで参加してきました。

    格闘技を生で観戦した経験がなかったため、格闘技好きの私としては楽しみで仕方ありませんでした。

    会場へ向かうと、運営スタッフが待っていてくださり、名刺交換をしてスポンサー専用のIDパスを首にかけて移動しました。

    関係者専用のドアから入ることができ、舞台裏の雰囲気を感じることができ、さらに本物の格闘家も近くで見ることができ、思わず声が出てしまいました。

    ゲスト解説で来ている芸能人や芸人も遠めに見ることができ、かなりテンションが上がりました。

    初めて生でみるリングは意外と小さく感じ、こんな狭いところで試合をするのか、と少し不思議な感覚になりました。席もかなりリングに近い場所をとっていただき、試合開始が楽しみで仕方ありませんでした。

    会場の雰囲気も独特で、音楽のライブで来る時とは全く違う、少し重い雰囲気が会場全体に包まれており、緊張してしまいました。イベント自体は盛大に行われ、選手の紹介からテンションが高まり、携帯で写真を何枚も撮り、友人に送って自慢していました。

    生でみる初めての試合は、いきなりの流血試合となり、少し恐くなってしまいましたが、これが生でみる臨場感なのだと実感しました。

    試合中は本当に静かで、セコンドの声がよく聞こえました。

    格闘技イベントということで、声援も野太い声が多く、時にはかなり激しい言葉で罵声を浴びせる場面もありましたが、それでも全体的に楽しむことは出来ました。

    イベント終了後は、スポンサー選手に直に挨拶に行き、握手もしてもらえましたし、戦いを終えた選手を間近で見ることができましたが、ヘビー級外国人選手の大きさには思わず圧倒されてしまいました。ゲスト解説終わりの芸人も近くで見れました。

    新たにスポンサー契約を結べそうな選手を紹介してもらえたり、選手とお話しをする機会ももらえたので、本当にいい経験ができました。

     


  • 健康管理は食事・運動・睡眠そしてイメージトレーニング!

    健康管理といえば、食事、運動、睡眠。しかし、意外とみんな実践していないなと思うのがイメージトレーニングです。

    まず、私の健康管理として実践していることで朝と夜は乳酸菌を取ること。乳酸飲料もありますし、サプリメントや漬物も入ります。これらを食事或いは食事前に食べるように心掛けています。その理由は免疫力の向上であり、免疫力は内臓から来ているため、腸内環境を整えることが一番の近道だからです。次は運動です。ただし、ジョギングやウォーキングじゃなく、掃除という運動を心掛けるようにしています。

    拭き掃除は上半身を鍛えるのにもってこいですし、風呂の掃除も全身運動。掃除をすることによって、周りもきれいに身体も鍛えられます。ここまですれば、あとは仕事の通勤時間や仕事時間で運動量は十分に足ります。

    さらに睡眠。ここが一番の難関で私は、少々不眠症気味でもあります。運動すれば疲れて眠れると言いますが、これは睡眠前だと逆効果です。身体が活性化して眠ることが困難となります。

    身体の興奮を鎮める為、最低30分は緊張をほぐす時間に費やした方が有意義です。アルコールもご法度です。よって眠れるなどといいますが眠りは浅いです。後は尿意によって何度も目が覚めます。後火照りによっても眠りを妨げるためにむしろ酔いは醒ましてから眠るべきです。

    よく眠る為に1時間予備的な時間を置いて、最低6時間は眠れるように余裕を持つことが一番でしょう。成人男性は5時間眠れれば睡眠が事足りるそうです。それを下回らないような睡眠を心掛けています。

    最後にイメージトレーニング。これは精神的ストレスに対応する為の行動です。ネガティブな考え方になれば結果も悪くなる。ストレスを抱え健康面を阻害してしまいます。

    仕事面に対してはノルマをどのようにこなすか、何か成功するようなことがあれば、自身の報酬に何か美味しいものを食べようか等のポジティブな考えを妄想に挟み、危機管理とは別にポジティブな心境をもって行動することを心掛けています。

    食事の前或いは食事に乳酸菌を取り入れる。運動は掃除。睡眠は最低5時間以上。そしてイメージを欠かせずプラスになるように考えてストレスを軽減することが私の実践している健康管理です。